「教養」と呼ばれているもの

 さて今日、漫然と「教養」と呼ばれているものが、この文化の秀才らしさと、直接の関係があるのである。芥川的教養ということも云われないではないが、それは勿論、漱石的教養[#「漱石的教養」に傍点]に遡らねば説明出来ないことだ。つまり今日普通、教養と考えられているものは、漱石的教養であり「漱石文化」の意識に...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 02:56 pm  

「漱石文化」の遺産

 だが私は夏目漱石論をやろうとするのではない。現代乃至最近の日本の文化的相貌の内に、云わば「漱石文化」の遺産や発達をさえ見出すことが出来る、ということが、指摘したいのである。而もこの現代漱石文化なるものは決して単純な意味での文学の世界に限られないことも、前に云ったことから当然だ。文化全般に於ける漱石...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 02:55 pm  

現代に於ける「漱石文化」

[#1字下げ][#中見出し]20[#「20」は縦中横] 現代に於ける「漱石文化」[#中見出し終わり]

[#3字下げ]一[#「一」は小見出し]

 今日の吾々から見て、漱石の有っている意義は、勿論第一には大正期の代表的な作家[#「作家」に傍点]としてである。それがどういう作家であったか、所謂低回趣味...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 02:54 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0113 sec.

http://d-hyperb.com/