「マルクス主義思想の退潮」

 であるから「マルクス主義思想の退潮」は、唯物論的世界観の独自の生長を伴わずに、之を一つの常識的な平板に退化させて了った。マルクス主義の退潮が唯物論の退化をまで結果した。文化人は物質というもののもつ哲学的な又文学的な観念を知らずに、フラフラとマルクス主義を「卒業」(?)した。詩人は物質[#「物質」に...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:01 pm  

ルネサンス的ヒューマニズム

 問題はだから、現在[#「現在」に傍点]問題になるヒューマニズムは、一体どういう要素的ヒューマニズムを素材としたものか、ということが第一である。現在日本で問題になり得るものは併し云うまでもなくルネサンス的ヒューマニズムである。処ですでにここに明らかなことは、日本文化の伝統によるヒューマニズムと、現在...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:00 pm  

要素的ヒューマニズム自身

 要素的ヒューマニズム自身が、つまりもしヒューマニズムをそういう元素の形で取り出せるならそのヒューマニズムの元素自身が、決して単数のものではないだろう。例えばルネサンス的ヒューマニズムは一つの元素であって、之はルネサンス以来のブルジョア社会(欧米の)に於て色々の歴史的形態を取って現われている。古典復...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 02:59 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0126 sec.

http://d-hyperb.com/